奈良県奈良市・生駒市の居宅介護・訪問介護・障がい者自立支援は「椀の家」

椀の家

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談は、0743-79-9950

障がい者自立支援について

障がい者自立支援とは

平成25年4月に施行された障がい者総合支援法により、障がい者・児(身体障がい・知的障がい・精神障がい・難病等)を給付の対象とし、障がいの種別に関わりなく、共通の制度で福祉サービスが提供されることになりました。対象となる疾患など、詳しくは下記パンフレットよりご確認ください。
厚生労働省 障害福祉サービスの利用について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059660.html

障がい者自立支援の仕組み

サービス利用までの流れ

  1. サービスの利用をご希望の方は、市町村の窓口に申請して障害支援区分の認定を受けます。
  2. 市町村は、サービスの利用申請をした利用者に「指定特定相談支援事業者」が作成する「サービス等利用計画案」の提出を求めます。
  3. 市町村は、提出された計画案や勘案すべき事項をふまえて支給を決定します。
  4. 「指定特定相談支援事業者」は支給決定された後にサービス担当者会議を開きます。
  5. サービス事業者等との連絡調整を行い、実際に利用する「サービス等利用計画」を作成します。
  6. サービスの利用が開始されます。

支給決定プロセス

支給決定プロセス

障がい者自立支援のサービス

障害者総合支援法による障がい者自立支援のサービスは、「自立支援給付」と「地域生活支援事業」で構成されています。
*障がい児に関するサービスは全て児童福祉法に位置付けられます。

サービスは、介護の支援を受ける場合には「介護給付」、訓練等の支援を受ける場合は「訓練等給付」に位置付けられます。

詳しくは下記よりご確認ください。

厚生労働省 障害福祉サービス
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/service/taikei.html

椀の家でご利用可能なサービスについてはこちら